ERPパッケージで社内情報管理|多数の業務効率化ツール

IT

仕事への意識改革を実施

オフィス

仕事をするにあたってモチベーションというのは非常に重要な要素です。モチベーションが低いまま仕事を続けてしまうとミスを発生させたり、業務効率が低下してしまったりする可能性があります。このような事態を避けるために多くの企業で活用されているのがワークモチベーションの数値化や可視化なのです。ワークモチベーションを計測するためには20分程度で完了するアンケートに回答していきます。ワークモチベーションを計測しているサービスでは全国各地の2300社、50万人のデータを活かしてワークモチベーションの指標を表示していくのです。属性比較や経年比較、項目比較や他社比較など、様々な観点から分析を行なえるのが強みだといえます。
分析が完了した後は経験豊富なコンサルタントが具体的な数値を組織目標と合わせて比較していき、サポートとアクションプランを策定していくのです。曖昧な定性目標ではなく、明確なデータを活用した定数目標を設定していくので、目標達成までの道筋を立てやすいのです。現状把握と目標設定ができれば後は進捗の管理をスムーズに進めることとなります。やるべきことを明確化し、クラウド上で記入と確認を行なうことでアクションプランを正確に実行していけるでしょう。クラウド上のデータは経営陣がいつでも進捗状況を確認できるようになっているので、的確なフィードバックをもらうことにも繋がります。このようなサービスをモチベーションクラウドと呼称しており、世界が注目している技術なのです。